卵・乳の完全除去で不足が心配な栄養素「カルシウム」を補うために(2)

うさママ

食物アレルギーがあって卵と乳を除去していても、栄養素はしっかり摂りたい昨日に続き、不足しやすいカルシウムを補うための食品を紹介します!

 

不足しがちなカルシウムを補うための食品は?

骨や歯などの成長に欠かせないカルシウム。

成長期の子どもたちには特に必要ですが、乳を除去していると不足しやすい栄養素です。

 

カルシウムを補うための食品には、次のようなものがあります。

  • アレルギー用の育児用ミルク
  • 豆乳
  • カルシウムが付加されている食品

 

前回はおすすめの豆乳飲料を紹介しました。今日は、カルシウムが豊富に含まれている「魚肉ソーセージ」を紹介します!

 

ニッスイ「おさかなのソーセージ」

魚肉ソーセージをはじめ、「練り製品」の多くには「卵」が入っています。

そのため、卵と乳のアレルギーの息子は食べられないことが多いのですが、「ニッスイのおさかなのソーセージ」は卵不使用

そして、カルシウムを補いたいので、カルシウムが豊富に含まれる「栄養機能食品(カルシウム)」であることもおすすめのポイントです!

MEMO
栄養機能食品とは、1日に必要な栄養素がどうしても不足してしまう場合、その補給・補完ために利用 できる食品のことです。栄養素は不足もいけませんが、過剰も害がある場合があるので、注意が必要です。

安心の商品づくりに感動

練り製品は卵が使われているので息子は食べられないと思っていたので、この「おさかなソーセージ」は食べられると知り、ニッスイのホームページを見ました。

すると、

もともと卵を使用した商品をつくっていたようですが、アレルギー関連の問い合わせが多くあったことから、卵を使用しない商品を作ろうと研究開発してくださったそうです!!

すごく感動しました

 

そして、ホームページにはこのような記載が。

すりみをつくる工程では、卵が混入しない生産体制を確立し、製造したすりみには、卵が入っていないか検査も行なっています。さらに、最終商品は、卵が混入する可能性のある工場では生産していません。調味料などの副原料をつくっているメーカーのうち、卵の使用がある原料メーカーにおいては、担当者が出向き、卵の混入防止対策を厳しく確認するなど、卵が混入しないような万全な体制をとっています。

こんなにしっかりと対応してくれていると、安心して食べさせることができるね!!

くまパパ

 

パッケージには「卵は使っていません」という可愛いマークがはっきりと表示されていて、こういうところも安心できていいなあと思いました。

うさママ

原材料のチェックはもちろんするけれど、見落としていないか心配になるので、はっきりと「使っていません」と表示してくれていると安心できます❤️

 

 

原材料

 

栄養成分(1本当たり)

  • エネルギー 120kcal
  • タンパク質 6.4g
  • 脂質    6.2g
  • 炭水化物  9.7g
  • 食塩相当量 1.2g
  • カルシウム 417mg

うさママ

1本で1日に摂取したいカルシウムの半分以上が摂れるので、とても助かります❤️

 

価格

4本セットで販売されています。近所の薬局では170円くらいでした。

楽天市場やAmazonでも購入できますが、Amazonは4本×30セットでしか販売されていませんでした^^;

 

 

 

 

 

息子も娘も気に入っていて、喜んで食べてくれます。

あと一品欲しい時にもとても役立ってます。おやつにも良いですよ♪

内装フィルムを開けるだけで、そのまま食べられるので便利

おいし〜い。ぼくこれ大好き

くまむすこ

 

うさママ

アレルギーで食べられない食品があっても、栄養素がしっかり摂れるこうした食品を食生活に取り入れることで、美味しく食べて、元気に育ってほしいなと思います

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)