ハウスダストアレルギー ベッドを捨てました。

息子くんは食物アレルギーの他にハウスダストアレルギーがあるんだよね

くまパパ

うさママ

食物アレルギーがある子ってアトピーだったり、喘息だったり、アレルギー体質の子が多いんだよね
そうなんだ少し前まで咳がひどかったけど、最近症状が軽快してるよね❗️

くまパパ

うさママ

色んな対策したけど、基本は部屋の掃除だよね。
うん❗️今日はパパがベッドを捨てた経緯をお伝えします❗️

くまパパ

 

どんどん咳がひどくなっていく

息子が5歳になって、夏の終わり頃から、夕方になると乾いた咳が出るようになりました。

初めは少し風邪気味なのかなぁと様子を見ていましたが、あれよあれよと言う間に、咳の頻度がどんどん増えていきました。

これはおかしい❗️と思ったときに思い出しました。アレルギーの血液検査結果を・・・

定期的に血液検査を行っているのですが、前回の結果で「ハウスダスト」の数値が非常に高くなっていました。

その時点ではハウスダストアレルギーの症状は何もなかったので、ほとんど気にしていませんでした。「乳」と「卵」の数値にばかり気を取られていました。

その後、かかりつけの病院へ行き、アレルギー系の処方薬をもらい服用することになりました。

けど、期待したほどの効果はありませんでした。

この時の咳の頻度や程度はほんとに酷くて、見ているパパが精神的にすごく辛かった

くまパパ

うさママ

パパは心配性なんだけど、それでもたしかに症状は酷かったよね

 

ハウスダスト対策の基本方針

調べてみるとハウスダストの主な原因はホコリ以外にもダニが関係していました。

そして、家の中で最もダニが繁殖しやすいのがベッドなどの寝具でした。

ダニは掃除機をかけて取り除くより、水洗いした方がより綺麗になるため、寝具を洗えるものにすることが鍵となります。

そのため、ハウスダスト対策の基本方針はこうなります。(我が家基準)

ハウスダスト対策

寝具を洗えるものにする。

湿気を溜め込まない寝具にする。

毎日の掃除が簡単にできるようにする。

 

これを我が家のハウスダスト対策の柱として行動することに決めました❗️

 

「ベッド」を捨てることに決める

寝具で最も大きなベッドから対策を取ることにしました。

ベッドの難点は

  1. 洗えない
  2. マットレスが大きくて、重くて掃除が毎日干せない
  3. マットレスが邪魔でベッド下の掃除ができない

苦渋の決断でしたが、ベッドがあってはハウスダスト対策は不可能と判断し、捨てることに❗️

けっこう奮発して買ったベッドだったので少し悩みましたが、子どもの健康が一番と考え、捨てました。

くまパパ

「エアリーマットレス」を購入

ベッドの代わりとして、アイリスオーヤマの「エアリーマットレス 」を購入しました。

フローリングに直接敷いて寝ています。

エアリーマットレスの特徴
丸洗いが可能
とても軽く、立て掛ける負担感がない

立て掛けてしまえば、フローリングの掃除がすごくやり易くなります

(エアリーマットレスについては、後日記事を作成します。)

 

ベッドを捨てた現状の寝室

現在の寝室はこんな感じになってます。

エアリーマットレス を床に直接敷いて寝ています。

すごくシンプルな部屋です。

布団をしまえば、何もない部屋になり、掃除がスイスイできてしまいます。

掛け布団もハウスダストに良いものを選んでます。後日、記事にしたいと思います。

 

ベッドを捨ててみて感じたこと

  1. とにかく掃除がラク❗️
  2. 寝室の床は毎日こんなに汚れているんだと驚かされる
  3. マットレスを簡単に干せて、気持ちイイ

ベッドがなくなって、床掃除が相当ラクになりました‼️

毎日、寝室の床掃除をしているのですが、毎日毎日、よくもまぁこんなにホコリが溜まるもんだと驚かされています

マットレスも簡単に干せて、毎日気持ちよくベッドで横になることができるようになりました

ベッドを捨てる決断は非常に難しかったですが、今は捨てて良かったと思ってます❗️
シンプルですごく掃除のしやすい部屋になりました

くまパパ

うさママ

ハウスダストのことを考えると、寝室の掃除は毎日やらないといけないよね。
こんなシンプルな部屋だから毎日の掃除が続けられるんだと思うよ‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)