簡単!卵・乳不使用のチョコレートお菓子作り

うさママ

バレンタインに子どもたちと一緒に作った「チョコレート源氏パイ」と「チョコバー」を紹介します
すっごく美味しかったよ。特に「チョコバー」がおすすめ

くまパパ

うさママ

アレルゲンフリーのチョコレートがあることを知ったから、チョコレートのお菓子作りができたんだ〜本当に嬉しい

 

アレルゲンフリーフーズ のチョコレート

株式会社アレルゲンフリーフーズが作っている「アレルゲンフリーチョコレート」は、

特定原材料7品目と、特定原材料に準ずる20品目の計27品目を使わずに作られている、アレルゲンフリーのチョコレートです。

徹底した管理のもとに専用工場で作られているため、コンタミネーションの心配がありません

食物アレルギーのある子にとって、本当に嬉しいチョコレートです

  • 砂糖
  • カカオマス
  • 植物油脂
  • ココアパウダー
  • 乳化剤
  • 香料

 

アレルゲンフリーチョコレートを使った簡単お菓子作り

うさママ

そのまま食べてもおいしいチョコレートだけど、子どもと一緒にアレンジするのも楽しいですよ〜

チョコレート源氏パイ

「源氏パイ」は、意外ですが卵も乳も不使用のお菓子です。

この源氏パイ、チョコがかかっている秋冬限定バージョンがあるのですが、それは残念ながら「乳」が含まれています。

 

アレルゲンフリーチョコレートを溶かして付けるだけで、簡単に乳不使用のチョコレート源氏パイができちゃいます。

ハート型なので見た目も可愛くておすすめです

材料

  • 源氏パイ (好きなだけ)
  • アレルゲンフリーフーズの「アレルゲンフリーチョコレート ダーク」 1枚

作り方

  • step1
    チョコレートをきざむ

    • チョコレートを包丁で細かく刻む。
  • step2
    電子レンジで加熱して溶かす
     

    • 刻んだチョコレートを耐熱ボウルに入れて電子レンジ600Wで1分加熱。
    • スプーンでかき混ぜて完全に溶かす。
  • step3
    源氏パイにチョコレートをつける
    • 源氏パイにチョコレートをつけてオーブンシートに並べ、冷蔵庫で1時間程度冷やす。
      💡 片面全体につけても、半分だけつけても、両面につけてもOK。ただし、両面つけると食べるときに溶けてきて手がチョコレートだらけになります(笑)
  • step4
    完成!

 

チョコバー

もう一つ簡単レシピ。卵・乳不使用のビスケットを使ったチョコバーです。

ビスケットはなんでも良いですが、我が家の定番ビスケットは「ギンビスの「たべっ子BABY」です。

「たべっ子どうぶつ」シリーズは乳が使われていますが、「たべっ子BABY」は卵、乳、大豆も不使用です

 

材料

  • ギンビス「たべっ子BABY]    適量
  • アレルゲンフリーフーズの「アレルゲンフリーチョコレート ダーク」1枚

作り方

  • step1
    チョコレートをきざむ

    • チョコレートを包丁で細かく刻む。
  • step2
    電子レンジで加熱して溶かす

     

    • 刻んだチョコレートを耐熱ボウルに入れて電子レンジ600Wで1分加熱。
    • スプーンでかき混ぜて完全に溶かす。
  • step3
    ビスケットを砕く
     

    • ビスケットをビニール袋に入れて、叩いて砕く。
      ちょっと荒いくらいがおいしいです。
      💡 ここは、子どもたちが楽しくお手伝いしてくれるところです
  • step4
    チョコレートとビスケットを混ぜて固める

     

    • 溶かしたチョコレートに砕いたビスケットを加えて混ぜる。
    • 保存容器などにオーブンシートを敷いて、チョコレートを入れる。
    • 冷蔵庫で1時間程度冷やして固める。
  • step5
    完成!

    • 包丁で好きな大きさに切って完成。

 

うさママ

チョコレート源氏パイも、チョコバーも、とっても簡単!ぜひ作ってみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)