アレルギーっ子の災害対策〜非常食のストック

アレルギーがあってもなくても、災害に備えて非常食は用意しておいた方が良いよね。

くまパパ

うさママ

そうだね。食物アレルギーがあると、なんでも食べられるわけじゃないから、普段から食べ慣れているものをちゃんとストックしておかないとね。

卵・乳不使用の非常食

災害対策が必要だと思いつつ、なかなか準備ができていないのですが、非常食だけはストックするようになりました。

うさママ

最近は非常食でも、アレルギー対応のものも増えていますね。

色々な種類や美味しそうな非常食、おしゃれなものなど、非常食も多様化していますが、我が家で花にも用意していなかったのでとにかく最低限を備えようと話し合いました。

 

ということで、現在の非常食の備蓄は、「ご飯」と「レトルトカレー」です。

カレーならアレルギー対応のものも多く、子どもたちも好きなので、日常で消費しながら買い足してストックすることも可能です。

うさママ

正味期限が切れていたらいざという時に困るので、「消費しながら備蓄する」ローリングストックにしています。

 

 

アルファ米

水かお湯を注いで待つだけ。

海外旅行にも持っていたことのあるご飯です。

袋を開けるとこんな感じでパサパサのつぶ状のものが入っています。

スプーンと乾燥剤を出してお湯をそそぎ、かき混ぜて15分待ちます。

やや硬めのご飯が完成。カレーにぴったり

水で作る場合の待ち時間は60分です。

スプーン付きなのも、非常時には助かるかなと思います。

 

レトルトカレー

「卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆不使用」「5年保存」と「あたためなくても美味しく食べられる」ことがポイントで選びました。

永谷園 A-Label あたためなくてもおいしいカレー ポーク 甘口 5年保存

ローリングストックをしていますが、レトルトカレーを頻繁に食べるわけではないので、賞味期限5年は安心です。

永谷園A-Labelとは?

「A-Label(エー・ラベル)」シリーズは、食品衛生法にて表示が義務化されているアレルゲン(卵・乳・小麦・えび・かに・そば・落花生)のうち、『卵』・『乳』・『小麦』・『そば』・『落花生』及び『大豆』と『香料・着色料』『化学調味料』も使わない、永谷園独自のブランドです。

  • 野菜(じゃがいも、にんじん)
  • 炒め玉ねぎ(玉ねぎ、なたね油)
  • 砂糖
  • 豚肉
  • トマトペースト
  • カレー粉
  • 食塩、
  • ポテトフレーク
  • ポークエキス
  • パーム油
  • 酵母エキス
  • にんにく
  • 糊料(加工でん粉)
 

 

温めなくても、本当にちゃんと美味しかったです

甘口で、子どもも美味しく食べられました。

 

うさママ

災害時だけじゃなくても、レトルトカレーなら食事の用意ができなかった時に使えるので、安心で便利

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)